新卒・キャリア採用情報 > 教育・育成について > カリキュラム紹介

教育・育成について

1年後にはりっぱなプレス工に育てます

入社後約6ヵ月は実習生として基本研修を!!
1年目までは製造でOJTで「職場研修」しプレスの操作修得。
そして正式配属となります。
富士金属の技術者たち

充実した研修で、あなたの成長をバックアップ!!
なんと社員70名中40名が、「金属プレス加工技能士」や「機械加工技能士」といった国家試験技能検定に合格しています。

カリキュラム紹介

当社の新人研修期間は約6ヵ月です。
新人研修は入社のその日からスタートします。
採用された新入社員は、約6ヵ月にわたる「集合研修」と「実務実践研修」を実施します。
そして、職場へ配属となり、その後は実際に業務に携わりながら仕事を覚えていく「職場研修」となります。

教育システム

富士金属では、マンツーマンによる職場教育を行なっています。
1人ひとりに教育担当がつき、基本業務から製造業務(トランスファープレスでの生産)まで、1年かけて丁寧に教えていきます。

入社説明

入社説明

社長との懇談

社長との懇談

新人社内見学

新人社内見学

新人社内研修

新人社内研修

研修項目一覧

入社してからの内容は多岐に渡ります。
基礎社会人マナーから、技術者研修、たとえ営業部門に配属が決まっても、現場の物作りは経験していただきます。
これらの研修をひと通り終えてからようやく、社会人として、富士金属の社員としてスタートすることができるのです。

区分 研修名 内容・目的
導入教育 新入社員教育 入社して直ぐに、外部集合研修で他社の方々と一緒に、学生から社会人への切り替え教育、そして社会人のマナーを教えてもらいます。
禅寺合宿(萬福寺) 禅寺(最近は京都宇治の満福寺)で他社の新人の方々と寝食をともにし、チームワークとともに、学生から社会人への考え方の切り替えを促されます。
品質管理基礎・KT法など 社内講師による物づくりの際に必要な、 管理手法や問題解決の方法について学びます。
安全教育 安全衛生教育 これも入社して直に外部研修(座学)を受けます。
なによりも安全が第一とのことで、この研修を受けないと仕事をさせられないと言われています。
動力プレス機械特別教育
(安全衛生教育)
OJTに入るまえに、プレス作業者の必須のこの教育を受けます、これで実際にプレスを触れます。
専門教育 プレス基礎
(AMPIものづくり
支援センター)
外部専門家によるプレス基礎の実習を主体に学びます、いよいよこれからOJTの始まりです。
機械製図(ポリテク尼崎) 約2週間にわたり機械製図の基礎を、専門家に仕込んでもらいます。さらに社内で2週間実際の製図に近ずくため社内教師から講習を受けます。
(図面が読めないと仕事になりません)
測定器・工具の基礎と設備点検 専門家に取り扱う計測機器についての講習を受けて、普段の仕事にいかしてもらいます。
旋盤加工(ポリテク尼崎) これから仕事上で使用する旋盤加工について専門家に1週間、そして社内講師に1週間教えていただきます。
フライス盤加工
(ポリテク尼崎)
これから仕事上で使用するフライス盤加工について専門家に1週間、そして社内講師に1週間教えていただきます。
展示会教育 展示会での説明員 東京ビッグサイトや大阪インテックスなどの展示会出展ブースでの説明員を経験してもらいます。もちろん諸先輩の指導を受け、冷や汗をかきながら必死に弊社の説明をするいい機会を与えてもらえます。
成果の発表 研修やOJTの成果の発表 関係者や皆の前で、各人がまとめた内容を発表し、研修のまとめやプレゼンの研修を行います。

導入教育

導入教育

展示会

展示会

研修やOJTの成果の発表

研修やOJTの成果の発表

新卒採用エントリーフォーム 会社見学ツアーお申し込み